2014.09.24

数字で振り返るブラジル・ワールドカップ…FIFAが公式データを発表

ブラジルW杯決勝前のスタジアム [写真]=Getty Images

 今夏、ブラジルで行われたワールドカップから早くも2カ月以上がたった。FIFA(国際サッカー連盟)は23日、同大会のデータを『FIFA.com』で公開している。

 決勝戦でドイツ代表がアルゼンチン代表を破り優勝を飾った今大会。最多得点数はドイツ代表の18ゴールの一方で、ホスト国のブラジル代表は最多となる14失点を喫している。また、躍進を見せたコスタリカ代表は、最少失点の2ゴールのみだったがオランダ代表にPK戦の末に敗れて、準々決勝で大会を後にした。その他、『FIFA.com』がブラジル・ワールドカップ関連のデータを一部抜粋し発表している。

■515万4386人
FIFAファンフェスタに参加した人数。-大会期間中にブラジル各地で開催されたフェスタ。リオ・デ・ジャネイロのコパカバーナ・ビーチでは最多の93万7330人が参加した。

■171ゴール
今大会での総ゴール数。-1試合平均は2.76ゴールで、1998年フランス大会と並び、歴代最多タイのゴール数だった。

■72億ドル
今大会によるブラジルの税収入額。-今大会のホスト国ブラジルは、大会への投資の結果、72億アメリカドル(約7818億円)の税収入が見込まれている。

■342万9873人
今大会のスタジアム総観客数。-64試合行われ、平均は5万3592人で1994年アメリカ大会に次ぐ数字。しかしアメリカ大会は24チーム参加の全52試合にも関わらず合計358万7538人が観戦している。

■3240個
今大会で使用されたボール数。-大会期間中、アディダスのボールが使用され、試合と練習、両方の使用個数が含まれている。

■3回
ゴールライン・テクノロジ-(GLT)が活躍した回数。-GLTがワールドカップで使用されたのは今大会が初となった。

■28万キロ
大会期間中における全チームの総移動距離。-32チームによる総移動距離は28万キロで地球7周分となった。

■420トン
回収されたリサイクル可能な廃棄物。-これらは全スタジアムと、ワールドカップ関連施設で回収された。

■90カ国
今大会前にトロフィーが旅した国。-2006年のドイツ大会から、開催前に行われるFIFAワールドカップ・トロフィーツアー。今回は267日かけて行われた。

■10億以上
大会期間中のFIFA公式サイトへのアクセス数。-ワールドカップ特集『グローバルスタジアム』や公式サイト『FIFA.com』などへのアクセス数は10億を越えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る