2014.07.18

ドイツ主将DFラームが代表引退を表明…W杯決勝戦が最後の舞台に

ラーム
W杯での優勝を最後に代表引退を表明したラーム(中央) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップにドイツ代表のキャプテンとして出場し、悲願の優勝を果たしたバイエルン所属のDFフィリップ・ラームが、同国代表を引退することがわかった。イギリスメディア『スカイ・スポーツ』やドイツ紙『ビルト』など複数メディアが18日に報じている。また、バイエルンの公式HPも『ビルト』の報道を引用する形で、ラームの代表引退を伝えている。

 2004年にドイツ代表としてデビューしたラームは、13日に行われたブラジル・ワールドカップ決勝のアルゼンチン戦で、113試合目の国際試合出場を記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ以降は同代表のキャプテンも務めてきたが、今回のブラジル・ワールドカップでの優勝を最後に、代表を引退する決意を固めた模様だ。

 所属するバイエルンでもキャプテンを務めるラームは、クラブでのプレーは続行。6月11日に同クラブとの契約延長にサインし、2018年6月30日までの新契約を締結した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る