2014.07.14

独紙がW杯決勝の採点を発表…最高点はゲッツェら3選手

ドイツ代表
W杯4度目の優勝を飾ったドイツ代表 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ決勝が13日に行われ、ドイツ代表が延長戦の末、1-0でアルゼンチン代表を下し、4度目のワールドチャンピオンに輝いた。

『24年の法則』は今回も破られなかった。

 1970年メキシコ大会で3度目の優勝を果たしたブラジルと、1982年スペイン大会で3度目の優勝を決めたイタリアは共に、それから24年後の大会で4度目のチャンピオンに輝いている。ドイツが3回目の優勝を飾った1990年イタリア大会から数えると、今大会はまさしく24年後。彼らはこのジンクス通り、ユニフォーム左胸に輝く星の数を1つ増やすことに成功したのだった。

 ドイツ紙『ビルト』が試合終了後に掲載した各選手の寸評と採点は以下の通り。(1が最高点、6が最低点)

GKマヌエル・ノイアー【採点:2】
 チームの原動力。信じられないほどの存在感を持ち、常に最終ラインとコミュニケーションを取っている。左ひざを治療する場面もあったが、歯を食いしばって頑張り抜いた。52分、ゴンサロ・イグアインの顎にひざが入った場面でPKを取られなかったのは幸運だった。

DFフィリップ・ラーム【採点2】
 労働者。バスティアン・シュヴァインシュタイガーと共に最も目立った選手。前線に上がり、多くの仕事をした。

DFジェローム・ボアテング【採点:1】
 戦士。堅実で素早いプレーは傑出していた。1対1勝率は73パーセント。誰も彼には敵わない。

DFマッツ・フンメルス【採点:4】
 不安定だった。アルゼンチンの攻撃陣に度々やられていた。ベネディクト・ヘヴェデスとのコンビは守備ラインの問題になっていた。

DFベネディクト・ヘヴェデス【採点:4】
 不運の持ち主。45分に放ったヘディングはポストを直撃。彼が守る左サイドは多くの問題を抱えていた。

MFバスティアン・シュヴァインシュタイガー【採点1】
 チームのボス。コンダクターであり、紛れもなく中心選手。

MFクリストフ・クラマー【採点:3】
 存在感を見せ、熱く戦っていたが、相手との激突で脳震とうを負った。開始31分でベンチに下がったのは悲劇だった。

MFトニ・クロース【採点:3】
 神経質なプレーだった。ポジショニングを時々ミスし、21分にはイグアインにヘディングパスをしてしまい、危うく先制点を与えるところだった。今日はセットプレーも冴えなかった。

MFトーマス・ミュラー【採点:3】
 相手から激しくぶつかられ、頻繁にファウルを受けた犠牲者。前半はシュートが1本もなかった。

MFメスト・エジル【採点」:3】
 優位性をほとんど見せられず、彼の精巧なテクニックははるか遠くにあった。大会を通じて、それらを見せなければならなかったのに…。

FWミロスラフ・クローゼ【採点:3】
 ボールのトラップ時にミスが多かった。ワールドカップ通算得点記録のトップ選手も、今日は危険なプレーができなかった。

~途中交代~
MFアンドレ・シュールレ【採点:3】
 いつものように、まるでターボ。爆発的なプレー。彼の正確なシュートは、ドイツ代表にとって危険な武器であった。

MFマリオ・ゲッツェ【採点:1】
 英雄。交代直後はほとんど目立たず。しかしゴールで我々を世界王者に導いた。

DFペア・メルテザッカー【採点なし】
 試合終了直前に投入。すぐさま歓喜の輪に入っていった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る