2014.07.14

フェアプレー賞はコロンビア、16年ぶりのW杯出場で初のベスト8進出

コロンビア代表
ブラジルW杯のフェアプレー賞を受賞したコロンビア代表 [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ決勝が13日に行われ、ドイツ代表とアルゼンチン代表が対戦。延長戦の末、マリオ・ゲッツェが決勝点を挙げたドイツが1-0で勝利を収めた。ドイツの優勝は、西ドイツ時代の1990年イタリア大会以来4回目となった。

 全64試合が終了し、今大会の「フェアプレー賞」は、コロンビア代表に決まった。同賞は、参加32チームの中から、フェアプレー精神を発揮したチームに与えられる。

 1998年以来16年ぶりのワールドカップ出場となったコロンビア代表は、グループリーグを3連勝で首位通過。決勝トーナメント1回戦のウルグアイ戦では、同代表MFハメス・ロドリゲスが2ゴールを挙げる活躍で初のベスト8に進出するも、準々決勝は開催国ブラジルを相手に1-2で敗れた。

 コロンビア代表が全5試合で受けた警告は、イエローカードの5枚だった。前回の南アフリカ大会では、優勝したスペインが受賞している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る