2014.07.12

オランダ指揮官、W杯3位決定戦は不要と主張「不当な試合だ」

ファン・ハール
3位決定戦の存在意義を疑問視するファン・ハール監督 [写真]=Getty Images

 オランダ代表を率いるルイス・ファン・ハール監督は、ワールドカップにおける3位決定戦の開催が「不当なもの」と主張した。イギリスメディア『BBC』がコメントを伝えている。

 ファン・ハール監督が率いるオランダは、ブラジル・ワールドカップ準決勝でアルゼンチン代表と対戦し、PK戦の末に敗れた。そのため、12日に行われる3位決定戦でブラジル代表と戦うことが決まっているが、ファン・ハール監督はこの一戦の存在意義を疑問視している。

「(3位決定戦は)開催されるべきではない試合だ。私は10年にわたって同じことを言ってきた。不当な試合だ」

「世界王者のタイトルだけが重要なものだ。最悪なのは、2戦連続で敗北する可能性があることだ。良い大会を過ごしても、敗者として国に戻ることになる。私個人の見解ではなく、スポーツとして何も意味もなさない」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る