2014.07.10

準決勝ではPK戦出場も、ストップできず敗退…オランダ代表GKは落胆

シレッセン
PK戦で敗れ、座り込むシレッセン [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの準決勝が9日に行われ、オランダ代表とアルゼンチン代表が対戦。スコアレスのまま120分で決着がつかなかった試合は、アルゼンチンがPK戦の末に勝利し、1990年イタリア大会以来となる決勝進出を決めた。

 敗退となったオランダ代表の正守護神であるGKヤスパー・シレッセンが試合後、オランダメディア『NOS』のインタビューに応えた内容を、同メディア『voetbalzone』が伝えた。

 オランダは準々決勝に続くPK戦となったが、コスタリカ戦では延長終了間際にシレッセンに代えて、PK用にGKティム・クルルを送り出す“奇策”が的中。アルゼンチン戦ではシレッセンのままPK戦に臨んだが、1本もストップすることができず、チームは敗退となってしまった。

 シレッセンは、「後から何かを言うことは簡単だ。明日を見据えなければいけない。今は敗退による失望感でいっぱいだ」と応えるにとどまった。

 12日にはブラジルとの3位決定戦が控えているが、「今は敗退したことをすごく残念に思っているが、2度負けるわけにはいかない」と、意欲を語っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る