2014.06.30

マンUが犯した4年前の失態…J・ロドリゲスの売り込みに興味示さず

4試合で5得点を挙げるなど、ブラジルの地で躍動するJ・ロドリゲス [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップで初のベスト8進出を果たしたコロンビア代表だが、そのチームをけん引しているのが、ここまで4試合5ゴールと大フィーバーを巻き起こしている10番のハメス・ロドリゲスだ。

 7月で23歳になるニュースターは、ポルトで頭角を現し、昨年夏からモナコでプレーしているが、実はマンチェスター・Uでプレーしていた可能性があったという。英紙『ガーディアン』が伝えた。

 同メディアによると、J・ロドリゲスがアルゼンチンのバンフィエルドでプレーしていた2010年、当時まだ10代だった彼をヨーロッパ進出させるべく、代理人がマンチェスター・Uに売り込みをかけた。移籍金はたったの500万ポンドだ。しかし、マンチェスター・Uはこの話に興味を示さず、代理人の元に返事はこなかったのだという。

 そして数週間後、マンチェスター・Uは740万ポンドの移籍金でポルトガル人アタッカーのベベを獲得。同選手はポルトガル3部リーグより上のレベルでプレーしたことがなかった無名のドリブラー。当時のコーチで、現イラン代表監督のカルロス・ケイロスがアレックス・ファーガソンに推薦した選手だったが、ファーガソンは彼のプレーを一度も見ないで契約を決めた。そんな経緯からベベ獲得は話題になったが、彼はまったく活躍できず、レンタル移籍を繰り返すばかりで、現在までプレミアリーグ出場はわずか2試合。当然、今回のワールドカップにも参加していない。

 一方のハメス・ロドリゲスは、このワールドカップでリオネル・メッシやネイマールと肩を並べるクラスの選手に成長しようとしている。マンチェスター・Uが逃した魚は、思いのほか大きかったようだ。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング