2014.06.29

元スペイン代表DFプジョル、ワールドカップ決勝の舞台に再び登場

プジョル
2010年の南アフリカ大会、スペイン優勝に貢献したプジョル(左) [写真]=FIFA via Getty Images

 2013-14シーズン限りでバルセロナを退団した元スペイン代表DFカルラス・プジョルが、ブラジル・ワールドカップ決勝の舞台に立つことになった。

 もちろん選手としてではなく、決勝で両チームが入場する前にワールドカップのトロフィーをピッチに運び、観衆にお披露目する役割を任されたのだ。2010年の南アフリカ大会では、2006年のワールドカップチャンピオンでイタリア代表のキャプテンだったファビオ・カンナバーロが務めた。今大会、FIFA(国際サッカー連盟)はプジョルを指名し、スペインサッカー協会とプジョルはその要望に応じることを発表した。

 プジョルは南アフリカ大会で、センターバックのレギュラーとして活躍。準決勝のドイツ戦ではヘディングで決勝点を奪うなどスペインのワールドカップ制覇を語る上で欠かすことはできない。

 また、プジョルは同僚をピッチ上で叱咤激励する闘将で、そのキャプテンシーは誰もが認めるものである。スペイン代表を率いるビセンテ・デル・ボスケ監督は、オランダ戦に敗れた後にすっかり意気消沈してしまったチームを奮い立たせるのに、「プジョルや(カルロス・)マルチェナのような人間を恋しく思う」とコメントしている。プジョルはバルセロナだけでなく、スペイン代表にとっても精神的支柱だった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る