2014.06.29

攻撃陣好調のオランダがメキシコと激突…大躍進のコスタリカは史上初の8強入りなるか

29日に行われる決勝T1回戦で、オランダとメキシコ、コスタリカとギリシャが対戦 [写真]=Getty Images,FIFA via Getty Images

 29日にオランダvsメキシコという好カードが行われる。オランダは、ルイ・ファン・ハール監督が大会直前に取り入れた5-3-2のフォーメーションが抜群の安定感を発揮し、グループリーグを3連勝で乗り切った。ロビン・ファン・ペルシー、アルイェン・ロッベンの超強力2トップは破壊力抜群だ。

 対するメキシコもオランダに近いフォーメーションを採用しており、ショートパスを繋ぐスタイルを持ち味としている。攻撃の形は、オランダがカウンター、メキシコがポゼッションと大きく違うため、メキシコとしてはボールを支配する展開が理想的だが、オランダの2トップの突破力を考えると、両ウイングバックが守備に比重を置き、自陣のスペースを消す慎重な戦い方で臨む可能性もある。攻撃面ではグループリーグ最終節で約1年ぶりとなる代表ゴールを挙げたハビエル・エルナンデスへの期待度が高まる一方で、エクトル・エレーラやアンドレス・グアルダードの強烈なミドルシュートも相手にとっての脅威となるだろう。

 続いて行われるのは、ともにサプライズで決勝トーナメント進出を果たしたコスタリカとギリシャの一戦。両チームとも、グループリーグでは守備を重視した戦いを繰り広げてきたが、元々、堅守を持ち味とするギリシャに対し、コスタリカは攻撃志向が強かったチーム。組織的な守備の継続はもちろん大事だが、自分たちで主導権を握り、果敢に攻め込む展開が予想される中で、いかに攻め切れるかが大事になる。延長戦、PK戦も視野に入れているはずのギリシャに対し、後半の半ばまでにゴールを奪えないようだと厳しくなるだろう。カギを握るのは、2013-14シーズンにオリンピアコスでプレーしていたジョエル・キャンベル。ギリシャの選手たちの特徴は熟知しているだけに、この試合に向けてチームメートに十分なレクチャーをしているはず。もちろん、彼自身にゴールが生まれれば、コスタリカ史上初の8強入りも見えてくるだろう。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング