2014.06.16

W杯初戦に臨むドイツ代表、フォーメーションは4-1-4-1か

ドイツ代表
試合会場のアレーナ・フォンチ・ノヴァで前日練習を行ったドイツ代表 [写真]=Getty Images

 現地時間15日、ドイツ代表は翌日のブラジル・ワールドカップ、グループリーグ初戦に向け最後のトレーニングを終えた。

 専門誌『スポーツビルト』によると、同代表は4-1-4-1のフォーメーションでスタートすることが濃厚と見られている。

 同誌の「ポルトガル戦のスタメンはこれだ!」と題した記事には、負傷の癒えたマヌエル・ノイアーがゴールマウスを守り、4バックには右からジェローム・ボアテング、ペア・メルテザッカー、マッツ・フンメルス、ベネディクト・ヘヴェデスが記されている。

 アンカーの位置には主将フィリップ・ラーム、中盤の4枚は右からアンドレ・シュールレ、サミ・ケディラ、トニ・クロース、そして6日の親善試合アルメニア戦で1ゴール3アシストと大暴れしたルーカス・ポドルスキが名を連ね、そして注目のワントップには、これまで多くの批判も出ている“偽9番”戦術を採用し、トーマス・ミュラーが入るとのことだ。

 これにより、元ブラジル代表ロナウド氏が持つワールドカップ通算得点記録まで、あと1ゴールと迫っているFWミロスラフ・クローゼや、最近の代表戦で輝きを見せられていないMFメスト・エジルらは、まずベンチから戦況を見つめることになりそうだ。

 ヨアヒム・レーヴ監督も、とりわけポドルスキとシュールレの両翼には大きな期待を寄せている。

「彼らは試合開始からプレーするだろう。チームに多くのものをもたらしてくれるからね。シュールレはイングランドでプレーするようになってから、大きく前進している。ポドルスキもエネルギーに溢れているよ。でもその2人だけじゃない。我々は他にも素晴らしい選手が交代枠として控えている」

 ドイツ対ポルトガルの一戦は、日本時間17日午前1時のキックオフとなっている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング