2014.06.14

大好評の『イケメンW杯』、C・ロナウドが王者に輝く…日本代表の内田篤人は堂々の3位

C・ロナウド
『イケメンW杯』を制し、王者に輝いたC・ロナウド [写真]=Getty Images

 待ちに待ったブラジル・ワールドカップがついに開幕。オープニングマッチでは、開催国のブラジルが勝利を収め、6度目の優勝に向けて好スタートを切った。サッカーキングでは、ブラジルW杯の開幕に先立ち、各国のイケメン選手に焦点を当てた『イケメンW杯』を開催。5月28日から行われた同大会は、14日に全日程を終えた。

『イケメンW杯』には、ブラジルW杯に参加する32カ国から、サッカーキング女性編集者が独断と偏見でセレクトした各国のイケメン1名がエントリー。ユーザー参加型企画となる同大会は、Twitterの「リツイート数」と「お気に入り数」で最強のイケメン選手を決定。対戦するイケメン選手の画像(2選手1画像)がツイートされ、左の選手がイケメンだと思ったら「リツイート」を、右の選手がイケメンだと思ったら「お気に入り」をクリックするという投票方法で争われた。

 激戦を勝ち抜き、見事に優勝を果たしたのは、大本命のクリスティアーノ・ロナウド。トーナメントを順当に勝ち上がった同選手は、ダビド・シルバとの頂上決戦を制し、『イケメンW杯』王者の栄冠を手にしている。また、日本代表からエントリーした内田篤人は、準決勝でC・ロナウドに敗れたものの、3位決定戦でマヌエル・ノイアーを下して3位に輝いた。なお、ブラジルW杯で日本代表と同組となっている3カ国では、コートジボワール代表が唯一ベスト16に進出したものの、ギリシャ代表、コロンビア代表はいずれもグループリーグで敗退している。

 なお、日本代表は15日に行われる“本大会”で、コートジボワール代表との初戦に臨む。

『イケメンW杯』の結果は以下のとおり。

■優勝
クリスティアーノ・ロナウド/ポルトガル代表

■準優勝
ダビド・シルバ/スペイン代表

■3位
内田篤人/日本代表

■4位
マヌエル・ノイアー/ドイツ代表

■ベスト8
ハビエル・エルナンデス/メキシコ代表
マテュー・ドゥビュシー/フランス代表
クラウディオ・マルキージオ/イタリア代表
セルヒオ・ロメロ/アルゼンチン代表

■ベスト16
ダレイ・ブリント/オランダ代表
アダム・ララーナ/イングランド代表
ヴィクター・モーゼス/ナイジェリア代表
イ・ヨン/韓国代表
オスカル/ブラジル代表
ディディエ・ドログバ/コートジボワール代表
ガブリエル・アチリエル/エクアドル代表
ケビン・ミララス/ベルギー代表

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
ボーンマス
10pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
シャルケ
10pt
ドルトムント
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング