2014.06.13

コロンビア全国紙が自国代表を称賛「若くてかっこいいチーム」

16年ぶりのW杯出場となるコロンビア代表 [写真]=LatinContent/Getty Images

 コロンビアの全国紙『El Tiempo』が、ブラジル・ワールドカップに出場するコロンビア代表を「若くてかっこいいチーム」という表現で称賛した。

 ホセ・ペケルマン監督が招集した23人のうち、30歳以上の選手はGKファリド・モンドラゴン(42歳)とDFマリオ・ジェペス(38歳)の2人だけで、その他の21人は20代。選手の平均年齢は27.0歳で、グループCにおいては日本代表の26.8歳に次いで若い。また、ラダメル・ファルカオこそ欠場が決まったが、ハメス・ロドリゲスを筆頭に端正なルックスの選手が多く、コロンビアの女性サポーターの数は前回出場した1998年大会に比べ、はるかに増えているそうだ。

 その一方で、コロンビア代表のW杯出場は16年ぶりだけに、選手が緊張に押しつぶされないかを懸念する声もある。しかし同紙は、次のような記事を掲載し、“心配無用”を強調している。

「U-20コロンビア代表は、2005年にU-20南米選手権で優勝したが、現在28歳から29歳になる選手の一部はその当時の代表メンバーだった。彼らは若い頃に国際舞台で結果を出しており、プレッシャーに押しつぶされることもなくチームを引っ張ってくれるだろう」

(記事/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る