2014.06.13

米代表のJ・ジョーンズ、慣れ親しんだドイツとの試合ではゴールパフォーマンスを封印

J・ジョーンズ
2010年10月からアメリカ代表としてプレーするJ・ジョーンズ [写真]=Getty Images

 アメリカ代表MFのジャーメイン・ジョーンズが、27日に行われるドイツ代表戦で得点を奪っても、ゴールセレブレーションを行わない意向を明らかにした。

 アメリカ人の父親とドイツ人のハーフである母親との間に生まれたJ・ジョーンズは、ドイツ代表としてフレンドリーマッチ3試合に出場したが、同代表での出場機会の少なさから、アメリカ代表でのプレーを希望。ドイツ代表としてFIFAおよびUEFA主催大会の試合に出場していなかったため、代表変更が受け入れられた。J・ジョーンズは2010年10月にアメリカ代表にデビューすると、これまで42試合に出場し、2ゴールを記録している。同選手は慣れ親しんだドイツとの試合を控え、以下のように意気込みを語った。

「敬意の問題だよ。俺はドイツで育ったし、あの国は俺に多くのものを与えてくれた。最初に代表デビューを飾ったのもドイツだったしね。だから、もし自分がドイツ戦でゴールを決めても喜ばないよ」

 フランクフルトでプロキャリアをスタートしたJ・ジョーンズは、レヴァークーゼンやシャルケでプレー。今年1月からはベジクタシュに所属している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る