2014.05.14

スペイン代表候補発表…国民はトーレスやマタらの本大会行き落選予想

トーレス
スペイン代表の予備登録メンバー30名入りしているマタ(左)とトーレス(右) [写真]=Getty Images

 スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督は13日に、ブラジル・ワールドカップに向けて30名の候補リストを発表した。

 注目はレアル・マドリードの右サイドバック、ダニエル・カルバハルとアスレティック・ビルバオのアンデル・イトゥラスペが選出されたことだ。2人は年代別の代表でプレーしているが、フル代表の経験はない。

 最も大きな驚きはレアル・マドリードのアルバロ・アルベロアの落選だ。今シーズンは負傷もあり、レアル・マドリードでの出場機会も少なかった。23名のメンバー入りには微妙な位置にいた。とはいえ2008、2012年のユーロ、そして2010年の南アフリカ・ワールドカップメンバーだった彼が30名の候補メンバーからも外れると予想する人は少なかったに違いない。

 落選後、アルベロアは自身のツイッターで「いっぱいの励ましのメッセージをありがとう! 私にとって美しい時代は終わった。私はただ代表チームに、チームメイトに幸運が訪れることを願っている。新たな星を胸につけて帰ってきてくれ!」とつぶやいた。文面からアルベロアは怒っているわけでもなく、選ばれなかったことに納得しているようだ。またこの内容はスペイン代表を引退することも示唆していた。

 アルベロアはリーガ・エスパニョーラ第37節のセルタ戦で交代後にベンチにいるチームメイト、テクニカルスタッフとハイタッチをしたが、イケル・カシージャスとだけは手を合わせなかった。そのシーンがテレビで何度もクローズアップされており、カシージャスとの関係に再び焦点が当てられていた。キャプテンとの不仲説もあってか、アルベロアは今シーズン終了後にレアル・マドリード退団濃厚と伝えられている。

 30名の代表候補は発表された。この中から23名しかブラジルには行けない。30名のうち外れる7人は誰なのか。地元紙『マルカ』はすぐさまインターネット上で読者アンケートを実施。結果、アルベルト・モレーノ、ラウール・アルビオル、フェルナンド・トーレス、ダビド・ビジャ、イトゥラスペ、サンティ・カルソラ、フアン・マタが最も票を集めており、彼ら7人が外れるとスペイン国民は考えている。スペインの黄金期を支え、長年代表のストライカーを務めてきたトーレス、ビジャの2人も名を連ねている。

 25日に発表される23名のメンバー発表時にはアルベロア不在以上の大きなサプライズが起こりそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る