2014.05.02

敵地に乗り込むシャルケのドラクスラー、連敗脱出へ「向上が必要」

ドラクスラー
ドラクスラーがフライブルク戦を前にコメント [写真]=Bongarts/Getty Images

 3日に行われるブンデスリーガ第33節で、フライブルクと日本代表DF内田篤人所属のシャルケが対戦する。

 リーグ戦32試合を終えて勝ち点58、3位につけているシャルケ。2連敗で迎える敵地での一戦を前に、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーがチームの現状を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 シャルケは現在、リーグ戦2連敗中だが、ドラクスラーは、「パフォーマンスの向上が必要だということは、誰もがわかっている。だが、だからといってパニックに陥って、シーズン後半戦で築き上げてきたものを混乱させてはいけない。フライブルクで勝ち点3を獲得できる自信はある。絶対に3位の座が欲しいし、何としてでも守り切る。そうすることで、クラブの今後の計画にも安定性を与えることができる」と、コメント。チャンピオンズリーグ本戦出場圏内の3位確保を見据えた。

 2連敗を喫していることについては、「もう、頭は切り替えられていると思う。依然として、(4位レヴァークーゼンとは)勝ち点差3のリードがあるし、とても順調だったシーズン後半戦を振り返ることもできる。だから、メンタル的には全く問題ないよ。僕たちは再び前に向かってプレーして、すばやくシュートまで持っていかなければならない。そうすれば、フライブルクでもまた良いパフォーマンスを出せるだろう」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る