FOLLOW US

ジーコ、アル・ガラファ監督を解任…リオのカーニバルでは行進のテーマに

1月6日(月)、ドーハのアル・ガラファ・スタジアムでのジーコ [写真]=Getty Images

 元日本代表監督のジーコが、2013年に契約したばかりのアル・ガラファ(カタール)監督を解任されたと1月29日付け「UOLエスポルチ」が伝えている。

 ジーコは2013年8月にアル・ガラファと2年間の契約をしたばかりだった。解任の原因はカタールリーグで3連敗喫した上に、タイトルのチャンスを逃したことだという。今後、チームを率いるのはヘッド・コーチを務めていたチュニジアのハビブ・サジーク。

 ジーコはアル・ガラファを含め、鹿島アントラーズ、CFZリオ(ブラジル)、日本代表、フェネルバフチェ(トルコ)、FCブニョドコル(ウズベキスタン)、CSKAモスクワ(ロシア)、オリンピアコス(ギリシャ)、イラク代表の監督を務めてきた。

 自身のフェイスブックで解任の発表と今後の展望について語っている。

「アル・ガラファの指揮を離れることとなった。サッカーとは結果が全て、残念ながらここではいい結果を残せなかった。大歓迎されたのに期待に応えられずにとても悔しい。ブラジルに戻って家族と再会し、インペラトリス(サンバの団体)について考えて行きたい」

 リオのエスコーラ・ヂ・サンバ(サンバの団体)、インペラトリス・レオポルディネンセが、2014年のカーニバルの行進で、ジーコをテーマにする予定だ。

(記事/MEGA BRASIL、文/Masao Asano)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA