2014.01.25

香川の代理人が明言「シンジは残留する。マタの加入も影響ない」

マンチェスター・Uでの2シーズン目を戦う香川真司 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属する日本代表MF香川真司の代理人であるトーマス・クロート氏が、今冬の移籍市場における香川の動向について言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 香川は今シーズンのプレミアリーグでは、22試合中9試合に出場。出場機会に恵まれない中、古巣のドルトムントやアトレティコ・マドリードへの移籍話も浮上していた。しかし、クロート氏は、「現時点では、シンジが残留することを確信している。接触はないし、それらはただの噂だよ」と移籍話を否定した。

 一方、マンチェスター・Uは、24日にチェルシーからスペイン代表MFフアン・マタを獲得。移籍が発表される前、クロート氏はマタの加入が香川の去就に影響する可能性を問われていたが、「いいや、私の意見では、彼は残留する」と主張していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る