2013.12.24

無失点のアーセナル戦を振り返るDFケーヒル「負けたくなかった」

ケーヒル
アーセナル戦にフル出場したケーヒル(右) [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 プレミアリーグ第17節が23日に行われ、日本代表FW宮市亮の所属するアーセナルとチェルシーが対戦し、0-0で引き分けた。

 チェルシーのイングランド代表DFガリー・ケーヒルが、試合を振り返りコメントを残した。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ケーヒルは「互いにチャンスの少ない試合だった。僕たちは試合に勝利したかったが、同時に負けたくなかった。勝利という結果を残せないならば、敗戦は避けたい。ゴールを許さずに試合を終えることができて良かったと思う」と述べ、無失点に満足感を示した。

 アウェーで勝ち点1を手にしたチェルシーは4位。首位のリヴァプール、2位のアーセナルとは勝ち点2差となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る