2013.12.24

フェライーニは手首の手術により2月まで戦線離脱

フェライーニ
2月までの離脱が決まったフェライーニ

 マンチェスター・Uのマルアーヌ・フェライーニは手首の手術を受けて、2月まで離脱することが明らかになった。

 マンチェスター・Uの指揮官デイヴィッド・モイーズ監督は20日に、フェライーニが背中を痛めていることもあり、離脱中に手首の手術をする可能性があることを示唆していた。

 手術はすでに無事に終了。戦線復帰は2月末の予定となっている。

 フェライーニが来年のワールドカップ前に手首の手術をしたいと考えていたことはモイーズ監督も理解していたが、その時期については不透明だった。

 モイーズ監督はフェライーニが背中の負傷で12月4日から離脱していることもあり、この期間に手術を受けさせることにしたようである。

 マンチェスター・Uは2月25日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の第1戦をオリンピアコスと戦う。その日までにフェライーニの復帰が望まれる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る