2013.12.23

レアルのS・ラモスがリーガを展望「ミスできる余地は最小限」

 リーガ・エスパニョーラ第17節が22日に行われ、バレンシアとレアル・マドリードが対戦。レアル・マドリードが3-2で競り勝った。

 試合後、レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「このスタジアムは難しいところで、バレンシアは試合終了まで勝負を諦めない。前半、僕たちは試合をコントロールしてプレーを支配していたけど、後半、相手は多くのチャンスを作った。先制点の後に僕たちはペースを落とした。それは目に見えるものだった。でも、僕たちは目標を達成した。それは勝ち点を積み重ねて、上位に近いところに付けること。クリスマス休暇の後も調子を上げていかなければいけない」

「ここまでに僕たちが勝ち点を落としてきたのは事実だけど、リーガの展開は素敵なものだ。(レアルと勝ち点差5の)バルセロナとアトレティコ(マドリード)は状況を難しくしていて、ミスができる余地は最小限しかない。僕たちには、成長を続けて、勝ち点を積み重ねていく義務がある」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る