FOLLOW US

アルゼンチンでリハビリのメッシは順調に回復…11月から離脱

アルゼンチンでリハビリを行っているメッシ [写真]=Getty Images

 11月10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節ベティス戦で負傷し、戦線を離脱しているバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの近況を、クラブの公式HPが伝えた。

 メッシはベティス戦で左足ハムストリングの肉離れを起こし、6~8週間の戦線離脱と診断された。メッシは年内一杯、母国アルゼンチンで治療を行う予定となっている。バルセロナのリカルド・プルナ医師がアルゼンチンを訪れ、身体検査と超音波検査を行った結果、メッシが順調に回復していることが示されたと、クラブの公式HPが伝えている。メッシはリハビリの第2段階を終え、20日から第3段階のメニューを開始する予定。

 メッシは今シーズン、リーガ・エスパニョーラ第16節終了時点で11試合に出場し、8得点を記録している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO