2013.12.20

アルゼンチンでリハビリのメッシは順調に回復…11月から離脱

メッシ
アルゼンチンでリハビリを行っているメッシ [写真]=Getty Images

 11月10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節ベティス戦で負傷し、戦線を離脱しているバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの近況を、クラブの公式HPが伝えた。

 メッシはベティス戦で左足ハムストリングの肉離れを起こし、6~8週間の戦線離脱と診断された。メッシは年内一杯、母国アルゼンチンで治療を行う予定となっている。バルセロナのリカルド・プルナ医師がアルゼンチンを訪れ、身体検査と超音波検査を行った結果、メッシが順調に回復していることが示されたと、クラブの公式HPが伝えている。メッシはリハビリの第2段階を終え、20日から第3段階のメニューを開始する予定。

 メッシは今シーズン、リーガ・エスパニョーラ第16節終了時点で11試合に出場し、8得点を記録している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング