2013.12.17

民族主義発言のクロアチア代表DFに厳罰処分、W杯出場が絶望的に

シムニッチ
民族主義発言により、厳罰処分を受けたシムニッチ [写真]=Getty Images

 FIFAの規律委員会は16日、ディナモ・ザグレブに所属するクロアチア代表DFヨシプ・シムニッチに対し、公式戦10試合の出場停止と3万スイスフラン(約348万円)の罰金を科したと発表した。『FIFA.com』が伝えている。

 シムニッチは、11月19日に行われたブラジル・ワールドカップ欧州予選プレーオフ・セカンドレグのアイスランド戦に先発出場。本大会出場を決めた同試合の終了後、シムニッチはサポーターに向け、第二次世界大戦中のファシズムを想起させる民族主義的発言をしていた。同選手の振る舞いはFIFAの規律違反に該当し、10試合の公式戦出場停止と罰金処分が科されている。なお、出場停止処分は本大会から適用される。

 シムニッチは、2001年にA代表デビュー。これまで代表戦通算105試合に出場し、3得点を記録している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る