FOLLOW US

ファルカオ、ラニエリ監督との不仲説を否定

ファルカオは14試合の出場で9得点を記録

モナコのFWラダメル・ファルカオは、クラウディオ・ラニエリ監督との不仲説を完全否定し、チームとの関係に全く問題はないと語った。

 ファルカオは太もものケガにより、11月24日のナント戦以来、出場していない。14日のギャンガン戦も欠場するとみられる。

 一部報道では、太もものケガは移籍希望の言い訳に過ぎず、ラニエリ監督との不仲がささやかれるファルカオは1月にクラブを去るのではないかと伝えられていた。チェルシーが興味を示しているとも報じられている。

 しかし、ファルカオはこの噂を完全否定。移籍は全く考えていないと語った。

「モナコでプレーできることに満足している。監督とも問題はない。太ももの調子が万全ではないだけだ。しかし、今は徐々に回復しつつある。もうすぐ試合に出られると思う」

「色々な憶測が飛んでいるが、クラブとは5年契約を結んでいるし、楽しくプレーしている」

一方のラニエリ監督も、ファルカオの発言を後押しした。 「彼との関係に、全く問題はない」

「しかし問題はないと言ったところで、逆のことを書く記者もいる。書きたいことを書けばいいと思う」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO