2013.12.07

母国ドイツとの対戦が決まったクリンスマン監督「おかしな物語」

クリンスマン
W杯組み合わせ抽選の結果について語るクリンスマン監督 [写真]=Getty Images

 6日にブラジルのコスタ・ド・サウイペでブラジル・ワールドカップの組み合わせ抽選会が行われ、アメリカは、ドイツ、ポルトガル、ガーナと同居するグループGに入った。

 アメリカ代表を率いるユルゲン・クリンスマン監督は抽選結果を受け、母国であるドイツとの対戦が決まった現在の心境を口にしている。『FIFA.com』が伝えた。

 クリンスマン監督は、2006年のドイツ・ワールドカップで、ドイツ代表を率いており、当時アシスタントコーチを務めていたのが現在のドイツ代表を指揮するヨアヒム・レーヴ監督だった。

 クリンスマン監督は「サッカーが描くおかしな物語の1つだと思う」と、不思議な巡り合わせについて言及。また、組み合わせについては「タフなグループに入ったと思う。だが、難しいわけではない。我々にとっては本当の挑戦となる。この2年半でチームは自信を手にした」と述べ、グループステージ突破を誓っていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る