FOLLOW US

兄弟対決実現へ…喜びを語るK・P・ボアテング「愛しているよ弟」

兄ケヴィン・プリンス・ボアテング(左)はガーナ代表として、弟ジェローム・ボアテング(弟)はドイツ代表としてプレーしている。写真はシャルケvsバイエルンでの一コマ [写真]=千葉 格

 シャルケ所属のガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングが、自身のツイッターでブラジル・ワールドカップでの兄弟対決に向けた思いを明かした。

 6日にブラジルのコスタ・ド・サウイペで行われたブラジル・ワールドカップの組み合わせ抽選会の結果、ガーナはドイツ、ポルトガル、アメリカと同居するグループGに入った。

 ドイツ代表では、同選手の弟であるバイエルン所属DFジェローム・ボアテングがプレーしている。ともに本大会のメンバーに選出された場合は、2010年の南アフリカ・ワールドカップと同様に兄弟対決が実現する可能性がある。

 K・P・ボアテングは、自身のツイッターでジェロームとの写真を掲載し、「弟よ、またやってきた。なんて素晴らしい人生だ。待ちきれない。愛しているよ、兄弟!!!」とつぶやき、喜びを表現した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA