2013.12.07

“死の組”入りにイングランド代表指揮官「非常にタフなグループ」

ホジソン
グループDの印象を語ったホジソン監督 [写真]=Getty Images

 2014年に開幕を控えたブラジル・ワールドカップの組み合わせ抽選会が6日、ブラジルのコスタ・ド・サウイペで行われた。グループDにはシード国のウルグアイのほか、コスタリカ、イングランド、イタリアが振り分けられ、「死のグループ」として大きな注目を集めている。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』は、イングランド代表を率いるロイ・ホジソン監督のコメントを掲載。同監督は抽選結果を受け、「非常にタフなグループだ。そのことに関して疑いの余地はない。我々のグループには、イタリアとウルグアイというふたつのシード国が存在する」と、強豪国が並ぶグループDの印象を語った。

 イングランドは、14日の初戦でイタリアと対戦。19日にウルグアイと、24日にコスタリカと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る