2013.11.25

“王国”ブラジルのワールドカップモデルのユニフォームが発表

おなじみの“カナリアイエロー”とブラジルの文化的要素が表現された一着となっている

 ナイキは25日、ブラジルのリオデジャネイロで開催したイベントで、来年6月に開幕するブラジル・ワールドカップでブラジル代表が着用する新ホームユニフォームを発表した。

 抜群のフィット感と最高レベルの機能性と快適性を誇り、文化的要素を盛り込んだ新ホームユニフォームは、ブラジルの優れた創造力と魅力にインスピレーションを受け、ブラジル特有のユニークな文化を表現しようと作られた。また、前モデルよりもエンブレムが大きくなっており、その裏側には内なる誇りを表現するためポルトガル語で「フットボールをするために生まれてきた」という意味の“Nascido para jogar futebol”が刻まれている。

 新ホームユニフォームの制作に際して、ナイキフットボールのクリエイティブディレクター、マーティン・ロッティ氏は以下のように語った。

「ブラジルフットボールのスピードの速さの中に見える素晴らしさと、ブラジルのカルチャーを融合させたものを作りたいと考えました。ブラジルのホームユニフォームは、国と国民を象徴する国旗のような存在です。機能面ではプロテクションの強化に加え軽量化と通気性という2つのニーズについてもバランスを取っています」

 イベントに登場した同国代表のMFルイス・グスタボは、「リオのファンにお披露目できて、とても光栄」とコメント。また、FWネイマールも「“Amarelinha”(黄色いもの)に袖を通すのは、僕やチームメートにとって大きな誇り。ブラジルでフットボールをすることは、とても特別な意味を持つ。一生懸命プレーして、国に勝利をもたらしたい。このユニフォームは、機能面でも僕たちの心に与える刺激という面においても大きな力になる」とコメントしている。

 ブラジル代表伝統の“カナリアイエロー”とその文化的意義を象徴する新ホームユニフォームは、一部専門店で12月5日(木)より先行販売が開始され、その他の店舗では12月7日(土)より順次展開予定だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る