2013.11.23

英紙、W杯アジア・北中米カリブ海代表では日本が「ベスト」…キーマンは香川と清武

香川真司
英紙から名前を挙げられた香川(右)と清武(左) [写真]=Getty Images

 イギリス紙『インデペンデント』が、12月6日に控えたブラジル・ワールドカップの組み合わせ抽選会を前に、各ポットの展望を伝えた。

 アジア地区代表と北中米カリブ海地区代表が入ることが想定されるポット2で、同紙は「このポットに勝者はいないだろう」と、優勝国が出ないと予想した上で、「南アフリカ大会でベスト16に残った4つのいいチームがいる」と紹介。その中でも「日本がおそらくその中でベストだ」と、日本をポット2での有力国として伝えた。(その他3カ国はアメリカ、メキシコ、韓国)

 また、突破の鍵を握る選手として、マンチェスター・U所属のMF香川真司と、ニュルンベルク所属のMF清武弘嗣の名を挙げている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る