2013.11.22

W杯出場を熱望するベイル「ウェールズは数年後に世界で通用するチームになる」

Gareth BALE
ウェールズ代表でプレーするベイル [写真]=Getty Images

 ウェールズ代表のMFギャレス・ベイルが、FIFA(国際サッカー連盟)の公式HP『FIFA.com』の インタビューに応え、レアル・マドリードのチームメートが、ブラジル・ワールドカップに出場することに悔しさを露わにする一方で、2018年のロシア大会にウェールズ代表が出場できる可能性は十分にあると語った。

「多くの仲間がワールドカップで活躍している姿を自宅のテレビの前で見るのは、決して気分のいいものではない。でも今のウェールズ代表は、若い選手の活躍もあり、飛躍的に成長している。だから、数年後には、世界で十分に戦えるだけのチームになるはずだ」

 ウェールズ代表は、イアン・ラッシュ(80~96年)、マーク・ヒューズ(84~99年)、ガリー・スピード(90~04年)、ライアン・ギグス(91~07年)といったプレミアリーグのトッププレーヤーを数多く輩出しているものの、国際舞台は1958年W杯に出場したのみ。

 ブラジルW杯予選ではベイルやアーロン・ラムジーら、実力者を擁したが、グループ5位に終わっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
チェルシー
25pt
マンチェスター・U
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
ライプツィヒ
23pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る