2013.11.21

ルーマニア代表DFキリケシュ、PO敗退も「誇りに思うべき」

キリケシュ
W杯出場を逃したDFキリケシュ(左)は「本当に残念」と語った [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ欧州予選のプレーオフ・セカンドレグが19日に行われ、ルーマニア代表とギリシャ代表が対戦。1-1の引き分けに終わり、ファーストレグを3-1で制しているギリシャがプレーオフ突破を決めた。ギリシャのワールドカップ出場は、2大会連続3回目となる。

 ルーマニア代表のトッテナム所属DFヴラド・キリケシュが試合を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

「ギリシャのほうが強くて、良いチームだった。僕たちを破るに値したのは認めなければいけないね。アテネでの戦い(ファーストレグ)が良くなかったのか、それとも今日の試合のせいなのか、それについては話したくない。とにかくギリシャのほうが上だったよ。本大会出場は逃したが、僕たちはルーマニア人であることを誇りに思うべき。そして、代表で予選を戦った全員のことを誇りに思うべきなんだ。もちろん、負けは認めなければいけないけどね」

「僕たちにこのようなチャンスが再び訪れるかどうかはわからない。少なくとも、僕自身には来ないだろうね。良い入り方をして、攻撃もして、試合をコントロールしていたし、ギリシャは自陣から出られなかった。でも、うちがゴール前までボールを運べなかったのも事実だ。こんな機会を逃してしまって、本当に残念だよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る