FOLLOW US

ナイジェリアとコートジボワールが新たにブラジルW杯出場決定

 ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアフリカ最終予選セカンドレグが、16日に各地で行われた。

 エチオピアとのアウェーでのファーストレグを2-1で勝利していたナイジェリアは20分、相手ハンドで得たPKをヴィクター・モーゼスが決めて、先制点を獲得。後半に入って82分には、ビクトル・オビンナがFKを直接決めて試合を決定づけたナイジェリアが、2-0で勝利。最終予選を2連勝で制したナイジェリアが、2大会連続5回目のワールドカップ出場を決めた。

 セネガルとコートジボワールの強豪国同士が対戦した試合は、アウェーでのファーストレグを1-3で落としていたセネガルが、77分に先制点を獲得する。ペナルティエリア内でサディオ・マネがディディエ・ドログバに倒されて、PKを獲得し、ムサ・ソウが決めた。逆転のためにもう1点が必要なセネガルは猛攻に出るが、アディショナルタイムの94分に、コートジボワールのサロモン・カルーが貴重な同点弾を獲得。1-1で引き分けたコートジボワールが、2戦1勝1分で、3大会連続3回目の本戦出場切符を手にした。

 アフリカの出場国残り3カ国は17日と19日に決定する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA