2013.11.16

ケディラが右ひざ前十字靭帯断裂…今季絶望でW杯出場も黄信号

イタリア戦で右膝を負傷したケディラは前十字靭帯断裂と診断された Photo by Getty Images

 ドイツサッカー協会は、15日に行われたイタリア代表との国際親善試合で右ひざを負傷したドイツ代表MFサミ・ケディラが右ひざ前十字じん帯断裂と診断されたことを発表した。
 
 イタリア代表戦に出場したケディラは、ユヴェントスに所属するMFアンドレア・ピルロと接触して右ひざをひねり、66分に途中交代。スタッフとともにフィールドを退いた後、ミラノ市内の病院に運ばれて検査を受けていた。

 ドイツ代表のチームドクターは「サミは外科手術を受ける必要がある、ワールドカップに間に合うことを祈っている」とコメント。ひざの前十字じん帯断裂は通常実戦復帰まで半年以上かかるため、今シーズンの復帰が絶望的になっただけでなく来年6月に開催されるW杯にも間に合わない可能性もある。

 今シーズン、ケディラはレアル・マドリードで公式戦17試合に出場して1ゴールを記録。W杯予選にも8試合出場しており、レアル・マドリードとドイツ代表にとって大きな痛手となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る