2013.10.23

アルゼンチン代表がU-17W杯初勝利でグループE首位に浮上

スアレス
決勝ゴールを決めたスアレス [写真]=FIFA via Getty Images

 U-17ワールドカップのグループステージ第2戦が22日に行われ、グループEではU-17アルゼンチン代表とU-17オーストリア代表が対戦した。

 試合は31分、カウンターからチャンスを掴んだオーストリアがニコラ・ジヴォティッチのゴールで先制した。しかし、アルゼンチンは42分に右サイドからのクロスをホアキン・イバニェスが頭で合わせて同点に追い付くと、51分にはヘルマン・フェレイラのゴールで逆転に成功した。

 粘りを見せるオーストリアも79分に同点ゴールを決めたが、アルゼンチンは試合終了間際の88分にロングボール一本からチャンスを創出。ペナルティーエリア内でボールを持ったレオナルド・スアレスが個人技からシュートを決めて、激しい打ち合いに終止符を打った。試合はそのままタイムアップを迎え、アルゼンチンが3-2で勝利。今大会初勝利を挙げるとともに、グループEの首位に立った。

 この他、グループFではU-17スウェーデン代表とU-17ナイジェリア代表が激突。第1節を勝利で終えたチーム同士の対戦は、3-3で引き分けに終わっている。

 22日に行われた試合結果は以下のとおり。

グループE
アルゼンチン 3-2 オーストリア
カナダ 1-1 イラン

グループF
メキシコ 3-1 イラク
スウェーデン 3-3 ナイジェリア

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る