FOLLOW US

接戦制したチュニジアが連勝でU-17W杯決勝トーナメント進出へ

決勝トーナメント進出を決めたU-17チュニジア代表 [写真]=FIFA via Getty Images

 U-17ワールドカップのグループステージ第2戦が21日に行われた。

 グループDではU-17チュニジア代表がU-17ロシア代表と対戦した。試合は無得点で迎えた後半に動く。61分、チュニジアはマヘル・ガブシが右サイドでボールを受けると、そのままペナルティーエリアに侵入してシュートを放ち先制点を奪った。

 その後はロシアも反撃を試みたが、スコアは動かず試合はタイムアップを迎えた。1-0で勝利を収めたチュニジアは日本と同様にグループDで2連勝し、決勝トーナメント進出を決めている。

 グループCでは、U-17クロアチア代表とU-17パナマ代表が激突。26分に決勝ゴールを奪ったクロアチアが1-0で勝利を収めている。また、U-17ウズベキスタン代表とU-17モロッコ代表の一戦はスコアレスドローで終了した。

 21日に行われた試合結果は以下のとおり。

グループC
クロアチア 1-0 パナマ
ウズベキスタン 0-0 モロッコ

グループD
チュニジア 1-0 ロシア
日本 3-1 ベネズエラ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO