2013.10.16

ロシア、3大会ぶりのW杯出場決定…ポルトガルとの首位争い制す

 ブラジル・ワールドカップ欧州予選が15日に行われ、グループFではアゼルバイジャン代表とロシア代表が対戦した。

 予選9試合を終えて、勝ち点21でグループ首位に立っているロシア。2位のポルトガルとの勝ち点差は3のため、アゼルバイジャン戦で引き分け以上であれば、ワールドカップ出場権獲得が決まる。

 ロシアはアウェーでの最終戦で、先制に成功する。15分にロマン・シロコフがゴールを決め、敵地で1点をリード。1-0で前半を終える。

 後半は両チームとも無得点のまま推移。1-0のまま終了かと思われた90分、アゼルバイジャンが同点ゴールを決め、試合は1-1で終了した。

 終了間際に追い付かれたロシアは、勝利こそ逃したものの、勝ち点を22に伸ばした。ロシアはグループ首位を確定。3大会ぶり10回目の本大会出場を決めた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る