2013.10.14

ボスニア代表指揮官、悲願のW杯本大会出場へ意気込み

スシッチ監督
ボスニア代表を率いるスシッチ監督 [写真]=Getty Images

 11日に行われたワールドカップ欧州予選で、グループGの首位を走るボスニア・ヘルツェゴビナ代表はリヒテンシュタイン代表と対戦し、4-1で勝利を収めた。この結果、同組の首位をキープし、初の本大会出場を賭け、15日に予選最終戦を迎える。ボスニア代表を率いるサフェット・スシッチ監督が悲願達成に向け、意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。

 グループGのボスニア代表は、ギリシャ代表と勝ち点22で並んでいるが、得失点差により首位を走る。なお、両国の得失点差は17も離れているため、ボスニア代表は優位な状況にある。

 スシッチ監督は15日のリトアニア代表戦を前に、「勝利を収め、ブラジル行きの切符をつかむ」とコメント。「我々には高いクオリティと強さがある。積極的に攻撃を仕掛けるつもりだ。ファンの応援が大きな後押しとなる」と、同試合への意気込みを語った。

 また、ボスニア代表として最多出場記録を持つ貴州人和のMFズヴェズダン・ミシモヴィッチは、リトアニア戦を控え、以下のようにコメントしている。

「代表チームの歴史上で最も重要な勝ち点3を手にする準備はできている。あと90分でブラジル行きが決まる。何がかかっているかは理解しているよ。自分たちの実力を発揮できれば、必ず勝利できると確信している」

 ボスニア代表は、2010年の南アフリカワールドカップの欧州予選でグループ2位に終わり、プレーオフへ。しかし、ポルトガル代表に敗れ、本大会出場を阻まれている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る