2013.10.12

流れを変えた一撃にイングランド代表ルーニー「肩の荷が降りた」

ルーニー
モンテネグロ戦で先制ゴールを決めたルーニー [写真]=The FA via Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、11日に行われたブラジル・ワールドカップ欧州予選を振り返った。イギリスメディア『スカイスポーツが』伝えている。

 欧州予選グループHで首位に立つイングランド代表は、モンテネグロ代表と対戦し、4-1で勝利を収めた。2位のウクライナ代表とは勝ち点1差と予断を許さない状況だが、15日に行われるポーランド代表戦に勝利すれば、14度目の本大会出場が決まる。

 モンテネグロ代表戦の49分に先制ゴールを決めたルーニーは「厳しい試合だった。前半のモンテネグロは自陣深くに引いて良い守備を見せていた。ただ、僕たちも何度かゴールに迫っていた。だから、チャンスを作ることができると考えながらハーフタイムに入ったんだ。後半開始直後にゴールを奪うことが重要だったと思う。先取点を決めた後は良い流れだった。勝ち点3に値していたよ」と語り、試合内容に手応えを感じていた。

 また、自身のゴールについては「みんなの肩の荷が降りたと思う。常に忍耐強く戦わなければいけなかった試合だ。僕たちにとって不可欠なゴールだったよ」とコメント。試合の流れを引き寄せた一撃に満足感を示した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る