FOLLOW US

ガーナ代表MFボアテングが負傷によりアフリカ最終予選を欠場

エジプト代表戦を欠場するボアテング [写真]=Bongarts/Getty Images

 シャルケ所属のガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングが、ひざの負傷でブラジル・ワールドカップのアフリカ最終予選を欠場することが明らかになった。『FIFA.com』が伝えている。

 ボアテングは、5日に行われたブンデスリーガ第8節のアウクスブルク戦に先発出場したが、左ひざを痛めて68分に途中交代。負傷の影響で15日に行われるエジプト戦欠場が決まった。

 2011年11月に一度代表引退を表明していた同選手は、9月に行われたザンビア代表とのアフリカ2次予選を前に、約2年ぶりとなる代表復帰を果たした。しかし、ザンビア代表戦もトレーニング中のけがにより欠場していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO