2013.09.11

伊、アルゼンチンなど5カ国がW杯出場権獲得…出場決定は10カ国に

アルゼンチン代表
11大会連続16回目の本大会出場を決めたアルゼンチン代表 [写真]=LatinContent/Getty Images

 10日に各地でブラジル・ワールドカップ出場権を懸けた予選が行われ、新たに5カ国が本大会出場を決めた。

 ヨーロッパからはイタリアとオランダが突破を果たした。W杯4度の優勝を誇るイタリアは、チェコとのホームでの一戦にマリオ・バロテッリの得点などで、2-1と勝利。ブルガリアやデンマークなど曲者揃いのグループで8試合6勝2分と無傷で終え、2試合を残して14大会連続18回目の出場を決めた。

 前回大会準優勝のオランダは、アウェーのアンドラ戦にロビン・ファン・ペルシーの2発で完封勝利。8試合を終え、7勝1分と力を見せ、3大会連続10回目の出場となった。

 南米予選からは、アルゼンチンがW杯本大会1番乗り。パラグアイにアウェー戦ながら、リオネル・メッシの2ゴールなどで、5-2と快勝。予選2試合を残し、8勝5分1敗の勝ち点29で、本大会出場となる4位以内を確定させた。11大会連続16回目の出場となり、ライバル国のブラジルでの開催となる大会に挑む。

 北中米カリブ海予選では、2チームが突破した。メキシコにホームで2-0と快勝したアメリカと、敵地でジャマイカと1-1で引き分けたコスタリカが、それぞれ2試合を残して3位以内を確定させた。アメリカは7大会連続10回目、コスタリカが2大会ぶり4回目となる。

 アジア予選は全ての日程を終え、日本、オーストラリア、イラン、韓国の4カ国が出場権を手にしている。開催国のブラジルを含め、10カ国がW杯本大会出場を決めた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る