FOLLOW US

W杯出場のアジア4枠決定…日本、豪州、イラン、韓国がブラジルへ

ワールドカップ出場のアジア4枠が決定 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選の最終節が18日に各地で行われた。

 本大会へ直接進出できる1、2位争いが韓国、イラン、ウズベキスタンの3カ国で最終節まで、もつれていたグループAでは、イランが韓国に敵地で1-0と勝利し、勝ち点を16に伸ばして首位で本大会出場が決定。同時刻に行われたウズベキスタンとカタールの試合は、ホームのウズベキスタンが5-1と圧勝したものの、勝ち点で並んだ韓国に得失点差で及ばず。韓国が2位で本大会出場を決めた。

 すでに日本が予選首位で本大会出場を決めていたグループBでは、オーストラリアがホームでイラクに1-0で勝利し、2位の座の確保を自力で決めた。また、ヨルダンとオマーンの一戦はヨルダンが1-0で勝利して、オマーンをかわして3位に浮上した。

 最終節を終え、W杯出場のアジア4.5枠のうち、4枠が決定。両グループで3位となったウズベキスタンとヨルダンが9月6日、10日に行われるプレーオフでホームアンドアウェーで対戦し、勝者が残りの0.5枠を争う南米予選5位チームとの大陸間プレーオフに進む。

【グループA】最終順位
◎1位 イラン<勝ち点16 得失点差6> ※2大会ぶり4回目
◎2位 韓国<勝ち点14 得失点差6> ※8大会連続9回目
△3位 ウズベキスタン<勝ち点14 得失点差5>
 4位 カタール<勝ち点7 得失点差-8>
 5位 レバノン<勝ち点5 得失点差-9>

【グループB】最終順位
◎1位 日本<勝ち点17 得失点差11> ※5大会連続5回目
◎2位 オーストラリア<勝ち点13 得失点差5> ※3大会連続4回目
△3位 ヨルダン<勝ち点10 得失点差-9>
 4位 オマーン<勝ち点9 得失点差-3>
 5位 イラク<勝ち点5 得失点差-4>

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO