2013.06.05

オマーンがイラクに勝利し、2位浮上…日本は首位通過決定

 ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦し、1-1の引き分けに終わった。グループBで首位の日本代表は勝ち点を14として、最終戦を残して自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定。5大会連続5回目の本大会出場が決まった。

 また、同日行われたオマーン代表とイラク代表の一戦は、前半ロスタイムにCKからイスマイル・アル・アジミがヘディングを決めて先制したオマーンが1-0で勝利した。

 この結果、グループBでは、7試合を消化したオマーンが2位に浮上。日本と引き分けたオーストラリアは6試合消化でオマーンと勝ち点2差の3位となっている。また、日本の首位通過も決定した。

■グループB順位表
1位 日本(勝ち点14 4勝2分1敗 得失点差10 残り1試合)
2位 オマーン(勝ち点9 2勝3分2敗 得失点差-2 残り1試合)
3位 オーストラリア(勝ち点7 1勝4分1敗 得失点差0 残り2試合)
4位 ヨルダン(勝ち点7 2勝1分3敗 得失点差-6 残り2試合)
5位 イラク(勝ち点5 1勝2分3敗 得失点差-1 残り2試合)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
10pt
バイエルン
9pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る