2013.06.01

オランダ代表ファン・ハール監督、W杯終了後に退任示唆

ファン・ハール
W杯後の代表監督退任を示唆したファン・ハール監督 [写真]=VI-Images via Getty Images

 オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督がブラジル・ワールドカップ終了後の退任を示唆した。『スカイスポーツ』が伝えている。

 2012年7月にオランダ代表の指揮官となったファン・ハール監督。オランダ代表は現在、ワールドカップの欧州予選で6戦全勝の首位で、本戦出場権の獲得が濃厚となっている。記者団の取材に監督は、「ワールドカップやユーロに出場したいと思い、代表監督となった。今まで経験が無かったからね。その目標はほぼ達成したと思う。だから、終われば去るよ。(代表監督は)絶えず選手の所属元の監督と話さなければいけないんだ。楽しくはないね」と、ワールドカップ終了後に代表監督を退くことを明かした。

 現在61歳のファン・ハール監督だが、ワールドカップ後の去就については、「プレミアリーグからの誘いがあれば…妻と検討しなければね」と、今まで自身が指揮した経験の無い、イングランドでの監督業を希望するとコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る