2012.11.14

ブラジルW杯会場などの開発の遅れが明らかに、会場テストの期限が大幅にずれ込む

 2014年6月に開幕するブラジル・ワールドカップだが、予定していた会場のテストがW杯開幕の半年前から2カ月前にずれ込んだとイギリスメディア『sportbusiness.com』が伝えている。

 ブラジルの連邦会計検査院は、空港などのインフラ開発やスタジアム建設が、当初の見積もりよりも費用が増大していると報告。スタジアムの建設は概ね満足のいく進捗具合のようだが、空港開発などが遅れていると併せて報告している。

 またワールドカップ開催都市のうち1カ所以上が開発の遅れで開催権を剥奪される可能性も指摘している。

 FIFA(国際サッカー連盟)は、開幕の半年前にはテストを行うと発表していたが、現在は開幕2カ月前の4月15日を期限とすることに置き換えられたようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る