2012.10.17

オーストラリアがイラクに逆転勝ち、韓国は予選初黒星/W杯アジア最終予選

 ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選が16日に各地で行われた。

 日本と同じグループBのオーストラリアは、敵地でイラクと対戦。72分に先制点を許す苦しい展開となったが、80分にティム・ケーヒル、84分にアーチー・トンプソンが立て続けにゴールを奪い、オーストラリアが底力を見せ、2-1で逆転勝利を収めた。

 グループBのもう1試合、オマーン対ヨルダンは2-1でオマーンが勝利。この結果4試合を負え、日本が勝ち点10で首位。以下、2位オーストラリアと3位オマーンが勝ち点5、4位ヨルダンが勝ち点4、最下位イラクが勝ち点2と、2位以下は混戦となっている。

 グループAで首位に立つ韓国は、敵地でイランと対戦したが、75分にジャバド・ネクナムのゴールで失点すると、そのまま試合終了となり、韓国は予選初黒星となった。もう1試合のカタール対ウズベキスタンは1-0でアウェーのウズベキスタンが勝ち、予選初勝利を挙げた。

 この結果、グループAは韓国が首位を維持しているものの、イランが勝ち点で並んだ。また3位にウズベキスタンが浮上している。

■ブラジル・ワールドカップ、アジア最終予選、グループB結果(左がホーム)

▼グループA
イラン 1-0 韓国
カタール 0-1 ウズベキスタン

▼グループB
イラク 1-2 オーストラリア
オマーン 2-1ヨルダン

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る