2012.09.12

オーストラリアがヨルダンに敗れる、韓国はウズベクとドロー/W杯アジア最終予選

 ブラジル・ワールドカップのアジア最終予選が11日に各地で行われた。

 日本と出場権を争うグループBでは、オーストラリアがアウェーでヨルダンと対戦した。前半を0-0で折り返すと、後半開始早々の48分にヨルダンがPKで先制。勢いに乗ったホームのヨルダンは75分に追加点を挙げ、オーストラリアを突き放す。オーストラリアは終盤の85分にアーチー・トンプソンのゴールで1点を返すも、ヨルダンが2-1で勝利を収めた。

 この結果、1勝1敗1引き分けとしたヨルダンがグループ2位に浮上。イラクに勝利した首位日本と2位との勝ち点差は6に広がり、グループBは日本の独走状態となっている。

 グループAの韓国は、アウェーに乗り込みウズベキスタンと対戦。13分にCKからのオウンゴールで先制を許した韓国だが、43分にカク・テヒがFKを頭で合わせ同点に追いつく。57分にはイ・ドングクのゴールが決まり、韓国が逆転に成功。しかしその2分後にウズベキスタンの同点ゴールが生まれ、試合は2-2のドローに終わっている。

 グループAのもう1試合では2位のイランがレバノンに敗れたため、韓国がグループ1位を守っている。

 

■ブラジル・ワールドカップ、アジア最終予選結果(左がホーム)

グループA

ウズベキスタン 2-2 韓国

レバノン 1-0 イラン

 

グループB

日本 1-0 イラク

ヨルダン 2-1 オーストラリア

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
アトレティコ・マドリード
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る