2012.09.11

イングランド代表、17歳のスターリングら3選手を追加招集…ウォルコットらが離脱

17歳でのイングランド代表デビューに期待がかかるスターリング

 FA(イングランドサッカー協会)は、11日にブラジル・ワールドカップの欧州予選第2節でウクライナと対戦するイングランド代表に、サウサンプトンのMFアダム・ララナ、トッテナムのMFジェイク・リバモア、リヴァプールのMFラヒーム・スターリングの3選手を追加招集すると発表した。

 イングランド代表は、アーセナルのFWセオ・ウォルコットが体調不良で10日に離脱。また、チェルシーのDFアシュリー・コールとDFジョン・テリーの2人も、足首の負傷でウクライナ戦を欠場することが明らかになっていた。

 追加招集されたスターリングは、わずか17歳の新星サイドアタッカー。今シーズンのプレミアリーグでは、第2節のマンチェスター・C戦、第3節のアーセナル戦で先発フル出場を果たしている。イングランド代表を率いるロイ・ホジソン監督は『スカイスポーツ』に、「ラヒームはこの2年で飛躍的に成長した。今シーズンの彼のプレーについても、とても素晴らしいというレポートが上がっているんだ」と、スターリングへの期待を語っている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る