2017.12.15

現役引退を表明したロナウジーニョ、ブラジル一般選挙に立候補へ

ロナウジーニョ
ロナウジーニョが政治家に転身か [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 来年の現役引退を表明した元ブラジル代表FWロナウジーニョが政治家への転身を目指しているようだ。ブラジル紙『O Globo』が14日に伝えた。

 同紙によると、ロナウジーニョは来年10月に行われるブラジル一般選挙に、ミナスジェライス州から『Patriota』党(元国民緑の党)の一員として出馬するという。ただし、ジャイール・ボウソナル氏が3月に行われる党首選挙に勝利することが条件のようだ。

 ロナウジーニョは今週、リオデジャネイロで党の副代表ら幹部と会合を持ったという。ボウソナル氏の書籍を持って幹部らとポーズを取る写真も同紙によって公開されている。

 37歳のロナウジーニョは現在無所属。今月上旬の英誌『FourFourTwo』で、ロナウジーニョは「2018年に、正式にフットボールにお別れを告げようと考えている。現役を引退したら、音楽のプロジェクトとフットボールスクールを行うことになる」と現役引退、その後のプランを明かしていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る