FOLLOW US

本田フル出場のCSKA、前半4得点を奪い快勝…リーグ戦3連勝

本田圭佑がテレク戦でフル出場 [写真]=Getty Images

 ロシア・プレミアリーグ第16節が10日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属するCSKAモスクワとテレク・グロズヌイが対戦。本田は先発出場した。

 ホームゲームに臨んだCSKAは9分、左サイドからゲオルギ・ミラノフのクロスにセイドゥ・ドゥンビアが合わせて先制すると、20分にはゾラン・トシッチがドゥンビアとのパス交換から抜け出し、GKとの1対1を制して2点目を獲得。23分にはゴール前に送られたFKの混戦からセルゲイ・イグナシェヴィッチが押し込み、CSKAが一気にリードを広げる。38分にも本田の浮き球パスから、ドゥンビアがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。これをドゥンビア自身が沈め、CSKAは前半で4点の大量リードを得る。

 後半はCSKAがペースダウン。72分にはスルーパスからDFラインの裏を取られ、テレクのアイウトンにゴールを許す。しかし失点を1に留め、4-1と勝利したCSKAは、リーグ戦3連勝で首位ゼニト・サンクトペテルブルクから勝ち点6差の4位に位置している。なお、本田はフル出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA