2013.07.18

本田圭佑が先制点を演出のCSKA、敵地でのリーグ初戦はドロー

ウラル戦でフル出場した本田圭佑 [写真]=Getty Images

 ロシア・プレミアリーグ第1節が17日に行われ、FCウラルとサッカー日本代表MF本田圭佑の所属するCSKAモスクワが対戦。本田は先発出場した。

 昇格組とのアウェー戦に臨んだCSKAモスクワは、序盤から攻め込む展開を見せた。開始4分には本田のパスを受けたシュテフェン・ツバーがペナルティエリア内でシュートを放ったが、ボールはわずかに枠を外れた。19分にはアラン・ザゴエフが際どいミドルシュートでウラルゴールを襲ったがGKの好セーブに遭い、得点とはならなかった。

 攻勢をかけるCSKAモスクワは、24分に先制点を奪った。中央の本田が左サイドに展開すると、サイドを駆け上がってきたゲオルギ・シチェンニコフが鋭いクロス。最後はゴール前に走り込んだアーメド・ムサがダイレクトシュートを蹴り込み、均衡を破った。

 リードを奪うと、29分にも左サイドからボールを受けたツバーがペナルティエリア内でシュート。38分には本田が強烈なミドルシュートでゴールを狙ったが、いずれもゴール脇に外れた。

 CSKAモスクワは、1点差のまま前半を折り返したが、後半開始直後の48分にカウンターから失点した。CKをキャッチしたウラルGKのパントキックをツバーがヘディングでクリアミス。ウラルのセルデル・セルデロフにゴール前までボールを持ち込まれると、最後はスパルタク・ゴグニエフにシュートをねじ込まれた。

 同点に追いつかれたCSKAモスクワは、勝ち越しを狙い62分にツバーに代えてラスムス・エルムを投入。64分にはウラルにGKとの一対一となるチャンスを作られたが、GKイーゴリ・アキンフェエフの好セーブでピンチを脱した。

 74分にはペナルティエリア手前でボールを受けたザゴエフが強烈なミドルシュートを放ったが、GKの好守で防がれて得点ならず。反対に78分にはウラルに右サイドを崩されて、クロスを入れられると、最後はゴグニエフに押し込まれて逆転を許してしまった。

 CSKAモスクワは82分にマルク・ゴンザレスを投入。直後の84分にはゴール前でFKを得てザゴエフが直接狙ったが、枠を捉え切れなかった。しかし、85分にはエルムの浮き球のパスにヴァグネル・ラヴがヘディングで合わせ、同点ゴールを挙げた。

 試合終盤に追いついたCSKAモスクワは、88分には本田がミドルシュートでゴールを襲ったが、勝ち越し点までは奪えずにタイムアップを迎えた。2-2の引き分けに終わり、リーグ連覇を狙うシーズンはドロースタートとなった。なお、本田はフル出場した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る