FOLLOW US

ヒディンクが今季終了後に監督業引退へ「アンジが最後のチーム」

数々のチームを率いて、好成績を残してきたヒディンク

 アンジ・マハチカラのフース・ヒディンク監督が、今シーズン終了後に監督業を引退する意向を明かした。『スカイスポーツ』が伝えている。

 ヒディンク監督は、「クラブと契約した際、長い間指揮する考えはなかった。基本的にシーズン終了で辞めるつもりでいるよ」と明かし、アンジの監督とともに、第一線を退く考えを語った。

「66歳という年齢は、ほぼ十分だと思うんだ。何をするかはわからないね。たぶん、若い選手のアドバイザーやスーパーバイザー、コーチをやると思うね」

「アンジは基本的に私が指導する最後のチームになるよ」

 ヒディンク監督は、クラブチームではPSVやレアル・マドリード、チェルシーなどの指揮官を歴任。代表チームは、母国のオランダや韓国、オーストラリア、ロシア、トルコの監督を務めていた。なお、今年2月に就任したアンジは現在、ロシア・プレミアリーグで2位につけている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA